フォークリフトを使って行う仕事の種類とは?

お問い合わせはこちら

フォークリフトを使って行う仕事の種類とは?

フォークリフトを使って行う仕事の種類とは?

2021/08/28

工場内で物を運ぶイメージがあるフォークリフトですが、他にどのような仕事ができるのでしょうか。
今回は、フォークリフトを使って行う仕事の種類を見ていきましょう。

フォークリフトを使った仕事の種類

フォークリフトを使う仕事には、いくつか種類があります。

荷物の積み込みの仕事

フォークリフトの仕事の種類として、最もおなじみなのが荷物の積み込みでしょう。
あらかじめパッキングされたたくさんの積み荷を押すようにして倉庫内部を移動し、運搬車両へと運びます。
さらに、運搬車両のところまで持って行ったら、そのまま車両に積み込む作業も行い、主に物流の分野で行われる種類の仕事です。

建設機材の運搬の仕事

フォークリフトの種類はいろいろあり、建設業界の仕事では大きな建築資材や、重い資材を運ぶフォークリフトが用いられます。
木材などの幅の広い物を運ぶ建築の現場の仕事では、周囲の状況を把握する能力が必要不可欠ですので、フォークリフトオペレーターとしての技量が問われるところです。

船舶や航空における仕事

フォークリフトの仕事は、海や空といった輸送の現場でも必要とされます。
海では船舶に荷物の積み込みを行い、空では空港内で荷物を積み込み、それぞれの輸送手段に運ぶというわけです。
船舶への積み込みはあまりお目にかかる機会がないものの、空港では機内から荷物を運ぶ様子を目にされた方も多いのではないでしょうか。

まとめ

フォークリフトの仕事は主に物流現場がメインというイメージがありますが、建築や輸送といった場でも必要とされます。
フォークリフトの種類はいろいろありますので、さまざまな仕事ができるのも納得ですね。
弊社では、仕事の種類に合った経験を持つスタッフを派遣いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。