クレーン作業をする時の注意点とは?

お問い合わせはこちら

クレーン作業をする時の注意点とは?

クレーン作業をする時の注意点とは?

2021/08/21

クレーン作業を行う時、どのような点に注意する必要があるのでしょうか。
今回は、クレーン作業の注意点をまとめました。

クレーン作業に伴う注意点

クレーン作業を行う際は、注意すべき点がいくつかあります。

吊り下げ作業

クレーンは重いものを吊り下げ、高い所に持って行くことを目的に使われる建設機械です。
したがって吊り下げる対象物の重さがどのくらいなのかによって、クレーンのアームの力を見極める必要があります。
対象物が軽ければ、比較的小さなクレーン車で大丈夫ですが、大きくて重い物となると、大型のクレーン車が必要です。
さらに、吊り下げ作業をするにあたっての注意点として、ここまでは大丈夫とされる限界の重さではなく、およそ8割程度の重さで吊り下げ、作業をすることが安全につながります。

作業場所

クレーン作業を行う際、必ずしも広々としたところとは限りません。
特に注意が必要なのが、作業場所に電線がたくさんある場所です。
クレーンで電線を引っかけたはずみに断線したり、作業員の身にも危険が及びますので、作業前には必ず「被覆保護」と呼ばれる電線保護材料を用いて、電線の接続部分を絶縁します。

安全確保

クレーン作業を行う場合には、クレーン車の半径内は立ち入り禁止措置を取らなければなりません。
クレーンでの作業中は、必ず合図者が一緒に作業を行い、作業者の目となって指示を送ります。
その際、クレーンが合図者にぶつからないよう注意することは、他の作業員の安全確保のために必須です。

まとめ

クレーン車の作業を行う際は、いくつか注意すべき点があります。
どれも一歩間違えると大けがや大事故につながるだけに、注意しなくてはなりません。
弊社ではクレーンの操作はもちろん、クレーン作業全般の経験を積んだ人材を派遣しております。
お気軽にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。