クレーン作業に必要な資格には何があるの?

お問い合わせはこちら

クレーン作業に必要な資格には何があるの?

クレーン作業に必要な資格には何があるの?

2021/08/17

クレーン作業にはどんな資格が求められるのでしょうか。
詳しく解説していきます。

クレーン作業に必要な資格

クレーン作業は資格を持たない者は行うことができません。
実際にどんな資格があるのか見ていきましょう。

クレーン・デリック運転士免許

クレーンとデリックの両機種を扱える免許です。
ちなみにデリックとは、原動機を使いワイヤーロープを操作しながら荷物を吊り上げる装置になります。
この免許を持つことで、移動式クレーン以外のクレーン操作が可能です。
またクレーン・デリック運転士免許には、限定なしとクレーン限定、床上運転式クレーン限定の3種類があります。

移動式クレーン運転士免許

トラッククレーンやクローラクレーンなどを操作する時に求められる免許です。
持っている免許や受けた講習によって、吊り上げられる荷物の荷重が変わってきます。
・吊り上げ荷重5トン以上…移動式クレーン運転士免許
・吊り上げ荷重5トン未満…小型移動式クレーン運転技能講習
・吊り上げ荷重0.5トン以上1トン未満…移動式クレーン運転特別教育

玉掛け技能講習

クレーン作業時にクレーンの操作以外で必要となるのがこの資格です。
吊り上げ荷重1トン以上のクレーンや移動式クレーンを扱う場合、荷物の掛け外しは玉掛けの資格がないとできません。

まとめ

クレーン作業に必要な資格には、クレーン・デリック運転士免許、移動式クレーン運転士免許、玉掛け技能講習があります。
どの資格を持っているかで行える作業も変わってくるため、積極的に取得を目指していきたいですね。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。