人材派遣の仕組みとは?

お問い合わせはこちら

人材派遣の仕組みとは?

人材派遣の仕組みとは?

2021/09/21

人材派遣とは、読んで字のごとく人材を派遣する仕組みのことです。
今回は、人材派遣の仕組みについて見ていきましょう。

人材派遣特有の仕組み

人材派遣には、特有の仕組みがあります。

3つの要素で成り立つ人材派遣

人材派遣とは、人材を求める会社と仕事を求める人、そしてその間に立って仲介する会社の3つの要素があってこそ、成り立つ仕組みです。
通常、人材を求める会社は働きたい人を募集して雇用契約を結ぶのが一般的ですが、あえてこうした方法ではなく、間に人材派遣会社を入れることによって、働いてくれる人を確保するのが人材派遣ならではの仕組みとなっています。

人材派遣会社を間に入れる理由

人材派遣で働いた方が、直接雇われるよりも時間給が高くなることがしばしばです。
ということは、それだけ企業にとっては人件費が高くなることを意味します。
それなのに、人材派遣でスタッフを確保する理由は、人を雇用するための時間と労力、そしてすでに雇っている社員の手間を省くことができるからです。
たいていの会社が人を募集する際は人事担当者が分担することが多く、通常業務が滞ってしまう可能性があります。
本来の仕事が終わらず、残業代を支払うくらいなら、人材派遣で少し高めの賃金を支払った方が、結果として人件費を抑えられるというわけですね。

まとめ

人材派遣は人を募集する会社と働きたい人の間に、人材派遣会社が入る仕組みと言えます。
派遣先が人材派遣スタッフに払う賃金は高めになる傾向が見られますが、自社の社員の負担が軽くなることが利点です。
弊社は派遣先と働きたい方、双方が満足できる人材派遣のノウハウと実績がありますので、お気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。